お取り寄せ 出前のご案内 吉野のあゆみ 吉野のこだわり 店舗ご案内 ログイン 買い物かごを見る
活焼穴子(いけやきあなご)
天然の穴子の中で、最も美味といわれる30cm前後のものを選りすぐって仕入れています。創業以来受け継がれているタレをかけ、ふっくらと焼き上げます。この長年に渡る穴子の美味が蓄積されたタレにより、香ばしい秘伝の味となります。箱寿司、穴子細巻、上方ちらしなどにふんだんに使われ、椎茸と共に吉野の味の要となっています。 活焼穴子
飯(シャリ)
「飯に六分の味」といわれるように寿司の味はほとんどがシャリの味で決まります。吉野では、日本晴など、西日本の硬質米を使っています。このお米は噛みしめるほどに美味しさが増し、また、時間がたっても美味しさが変わらないのが自慢です。具と共にじっくり噛みしめて味わっていただきたく、このお米を使いました。お土産としてお持ち帰りいただいても、味は変わりません。 シャリ
潰司椎茸(つぶししいたけ)
九州は宮崎、大分産の潰司椎茸。肉厚のある高級椎茸を5時間程かけ柔らかく炊き上げてあります。下ごしらえにも手間暇かけて伝統の味を作り上げています。 潰司椎茸
活小鯛(いけこだい)
活の小鯛に塩をうち、酢でしめて一晩寝かせます。このようにじっくりと味を染み込ませて使うのが、大阪寿司の特徴です。 活小鯛
お電話FAXでも承ります
電話06-6231-7181 FAX 066231-1828 FAX注文用紙
【お電話受付時間】9時〜19時 【定休日】土日祝 ネットからの注文は24時間承ります。
会員登録いただきますとお送り先様を20件までご登録いただけます。▼会員登録はコチラ
お問い合わせ個人情報保護方針特定商取引に関する法律に関する表示サイトマップ
写真・イラストの無断転用を固く禁じます。 copyright(c) YOSHINOSUSHI 2011 All rights reserved.